今注目されている断捨離・ダンシャリアン

断捨離とは?

「断・捨・離」は2010年流行語に選ばれました。近年では断捨離を実践する人を「断捨離アン」「ダンシャリアン」などと呼びます。やましたひでこさんの著書が発表されて以来話題となり、この考え方が人々に広く知られるようになりました。「断捨離」はやましたひでこさんが商標登録している言葉です。ここ数年、テレビでも色々な形で特集されているのをよく目にするようになりました。

 

断捨離とは、ヨガの行法「断行(だんぎょう)」「捨行(しゃぎょう)」「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ・捨てることです。

モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方・生き方を指すため、単なる片づけや整理整頓とは一線を引きます。

 

 =入ってくる要らない物を断つ

 

 =家にずっとある要らない物を捨てる

 

 =物への執着から離れる

 

断捨離の目的

モノへの執着を捨てて身の周りをキレイにするだけでなく、心もストレスから解放されてスッキリすることこそが断捨離の目的です。

必要のないもの、使わないものを手放すことで、 本当に必要なもの、本当に価値のあるものがさらに浮かび上がってきます。従来の「もったいない」「まだ使える」というモノを軸とした考え方ではなく、「このモノは私に相応しいか」と問いかけてみる。

自分を主役として、モノと自分との関係性を軸に取捨選択していきます。

 

もったいないという考え方が行きすぎると物を捨てることができなくなり、やがてすでに使わなくなったモノ、将来も使うはずがないモノなどが家・部屋の中に次第に増えてゆき、やがては自分が快適に居るための空間までが圧迫され狭くなる。

人は膨大なモノを扱うのに、日々 膨大な時間や気力を奪われるようになってしまい、知らず知らずのうちに大きな重荷となっていて心身の健康を脅かすほどになってしまいます。

 

思い切ってモノを手放すことで空間・時間・エネルギーにゆとりが出るようになり、それが気持ちのゆとりに繋がります。引き算の法則(必要なもの以外捨てていくこと)で人生の停滞を取り除き、新陳代謝を促すことができます。

 

断捨離を行うことで期待できるさまざまな効果

・大切なことに集中できるようになる
・余計なことに煩わされないようになる
・仕事や他人との関係性を見直すことができる
自分軸をもっと大切にする生き方ができるようになる
・ストレスが減って気持ちが楽になる
健康になる

 

物を整理するのが苦手な方

まずは「とっておくもの」と「捨てるもの」と「どちらかわからないもの」の3種類に分けてみましょう。取捨選択の判断ができないものは残しておいて、1か月後に再度見直してみてください。

風水的な観点からも、3年間全く使用してないものは捨てることが勧められています。

使用していない物には邪気が滞り、それを処分しないと新しく良いものが入ってきません。

 

弊社では、ご家庭内で不用となった不用品の回収はもちろん、経験豊富な専門スタッフによる整理整頓の代行業務も随時承っております。大きな家具や家電製品の移動もお任せ下さい。

 

心機一転、この機会に断捨離を行いお住まいとご自身の心をすっきりとしてみませんか?

 

不用品回収の料金案内

力仕事の料金案内

 

▼下記より随時ご注文、お見積り、ご相談を受付中です。

カイシン便利サービス

全国の便利屋専門家の検索、求人、無料相談受付中便利屋相談.COM
全国のハウスクリーニング専門家の検索、求人、無料相談受付中
不用品回収
ハウスクリーニング

カイシン便利サービス
モバイルサイト